中古車の懲りて、腹をくくり新車購入に踏み切りました

18年前、子供を連れて実家に帰り、ちょっとした副収入があったので、後輩の車屋から中古車を買いました。軽ワゴンでとても気に入っていたのですが、家族で遠出した時、高速上で突然動かなくなりました。ミッションの故障だということで、直すより買ったほうがいいと言われ同じ型の中古車に買い換えました。しかし、また数年後同じようにミッションの故障で買い換えを迫られました。後輩に言わせると、中古だから年数も走行距離もあるけど、私のギアチェンジに問題があると言われてしまいました。何なら、ちょっと無理してでも新車を買えば大事に乗るだろうという結論に達し、トヨタ車の新車を購入することになりました。当然後輩から見積もりしてもらいましたが、近くのディーラーにも足を運び、実際に見て乗って何にするか時間をかけて選んだのが、今乗っている車です。
ワゴンではなく乗用車ですが、運転席が若干高く、助手席はスライドドアでステップが低くしてあります。両親がだいぶ年をとってきていたので、今後の事もあり両親の意見も聞きながら決めました。オプションでエアロパーツを付けたり、純正のナビだと高いので後輩に頼んで性能の良い格安のナビを付けてもらったりと、車1台買うのに結構な時間を掛けました。おかげさまで、あちこち修理はしたものの3回の車検を通し、走行距離13万㎞も走ってくれています。とことん乗り潰して、今度も同じ車種を購入したいと思っています。

新車をなるべく安く購入するときの意外なコツ

車というものは決して安いものではありません。
何回も見たり、色んな車と比べたり説明を聞いたり、吟味する時間は大変でもとても重要です。
これを簡単にすませてしまうと、もしかしたら損かもしれませんよ。

私の場合は前回が中古車でしたので、新車を買うのは初めてでした。
何をしていいか全くわかりませんでしたが最初は手さぐりでお店に交渉にいきました。。
買いたい車種は幸い決まっていましたので、後は値引き
に関すること。これが重要でした。
値引きに一番影響があると思ったのは「時期」でしょうか。
私が聞いたお話によると一番値引き率が高いのが一月だということです。
そのことから、前者の車検も考慮して購入を一月に設定しました。
そしてそこから更に値引き交渉です。
まず親戚、知り合いに買う車の会社に関係したお仕事の方を探してみてください。
他社でも親しい方に車を売るお仕事をしている方がいらしたら、その方に見積もりを見てもらう事は大切です。
それにより何が必要で、何がいらないオプションなのかがはっきりします。
それによって値段が大幅に変わるのです。
説明を聞いていて本当に必要だと信じ込んでいたものが実はなくても大丈夫だったりと言う事もありました。
私は結果として、二店舗でお話を聞くことになりました。最初に自分で見つけたお店と、知り合いの方に紹介していただいたお店です。
この二店舗で受けた説明が全く違いました。
そして見積もりも大きく変わりました。
もしお知り合いにいない方でも、他店で同じ車種の話を聞くだけでも値段に影響は出てくると思います。
そして見えてくるものもあります。
交渉にも役に立ちます。
購入を決めるその前に是非試してみてはいかがでしょうか。

私の初めての車はホンダのフィットです。

私は18歳になってすぐ車の免許をとり車を買うことを決めていました。いざ免許もすんなりとれ車選びをするときにとても迷いました。車のお金はアルバイトでコツコツ貯めて足りなかった分は親から少し援助してもらい購入することに決まりましたが、いざ新車を買うとなるととても緊張してどれを買っていいのか分かりませんでした。車が欲しいというのは漠然と思っていただけで何が欲しいとかはあまり考えておらずとても迷いました。
色々な車に試乗したり話を聞いたりして乗ってすぐピンときたのがホンダのフィットでした。この車は普通車ですがコンパクトカーで動きも小回りが利くしなんといっても燃費がいいということでした。走っても走っても普通の車より断然ガソリンの減りが遅く18になったばかりの私には経済的にもとてもよいと判断しました。
そこで購入を決断。それから毎週末は自分で運転をして近くを走りましたが物足りなくなり県外にドライブしたこともあります。